医師の治療でスピード解決!緑内障は眼科で治そう

Female

短時間の手術で視力が回復

先生

簡単な手術で視力回復

近年、レーシック手術は簡単な手術によって近視で落ちた視力を劇的に回復できる治療法として以前にもまして身近なものとなりました。レーシック手術が人気を集める理由は、負担の少ない手術を行うだけで眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要が無くなるレベルに視力が回復するからです。手術前の通院が検査の1回のみ、手術当日も実施の手術は両目を合わせて2〜3分程度で終わります。まれに、術後に目が染みるといった症状が出る人もいますが、長くても2〜3日で収まる程度です。大半の人はそもそも染みることもないか、一晩寝れば治まる程度です。しかも現在では症例数が増え、治療費も下がってきています。コンタクトレンズを数年使用するよりも安価な価格でレーシック手術を受けられる水準となったことで、近視からの視力回復のための治療法として高い人気を誇るに至ったのです。

老眼などにも対応見込

近年、レーシック手術は従来の近視治療だけでなく、遠視や乱視の治療にも対応できるようになってきています。今後、症例数が増加し、手術を受けてから何年も経過した人の目の具合がどうなっているかという知見も増えてこれば、近視治療と同様に遠視や乱視の治療法としてのレーシック手術も益々一般化していくことが見込まれます。また、近視治療のためにレーシック手術を受けてもその後、手術前と同様の負担が目にかかる生活を続ければ、やがて再び視力は落ちて行きます。しかし従来のレーシック手術は角膜を削るという手法ですので、何度も受けられるものではないのです。また、一度もレーシック手術を受けていなくても生まれつき角膜が薄いためにレーシック手術を受けられないという人もいます。そういったケースに対応するために角膜の薄い人でも受けられる、従来のレーシックとは異なる術式の手術も普及していくことが見込まれています。