医師の治療でスピード解決!緑内障は眼科で治そう

Female

近視を治す新たな存在

女性

レーシック

視力の悪い方々にとって、視力矯正器具は昔から馴染みのあるものでしょう。最も人気のあるものは眼鏡であると思われます。着脱が簡単であり、手入れも楽という利点があり、多くの方々に使われてきました。時代が進んでくると、新しい視力矯正器具としてコンタクトレンズが誕生しました。目に直接レンズを入れることによって視力を上げるものです。目にレンズを入れる練習をしたり、手入れは眼鏡よりも大変だったりしますが、眼鏡よりも高い視力が出せることと、裸眼で生活ができるなどの長所があります。現在では、これに加えてレーシックという新しい手術方式があります。器具によって視力を上げるのではなく、近視を手術によって治療していくというものです。

短時間で済みます

レーシックはこれまでの視力矯正器具とは違い、目を直接治療します。手術そのものは短時間で終了します。長期入院を強いられることはありません。手術当日も自宅から受けにきて、終わったらその日のうちに帰宅することができます。さらに、問題が無ければその日のうちに高い視力を得ることができます。長い間眼鏡やコンタクトレンズを使い続けてきた方々にとっては、あまりにあっさりと見えるようになるので、驚かれることでしょう。レーシックは眼鏡やコンタクトレンズに比べると費用は高額なものの、終わればこうした視力矯正器具は不要になります。強度近視に長期間悩んでいた方々にとって、目そのものを治療できるレーシックは、これからも人気が出続けるのではないでしょうか。